英文履歴書とは

イギリスではC.V.(Curriculum vitae)、アメリカではresumeといい、基本的には同じものを指します。
日本語では「英文履歴書」と表現しますが、内容は日本での履歴書と職務経歴書を合わせたものになります。
通常応募時には、英文履歴書とカバーレターと呼ばれる添え状を一緒に提出することになります。

英文履歴書の使われ方

外資系企業において、英文履歴書の提出を求められる理由は2つあります。
ひとつは選考に携わる関係者にEnglish Speakerがいるため、もうひとつは国内では必要がないが海外本社の決済を得るために必要だという理由です。

対して日系企業においては、応募職種が高い英語力を求めている場合に多く必要とされます。英語力を判断する材料に使われます。
外資系企業を希望する人はもちろん、日系企業の英語を使う職種を考えている人も、日本語の履歴書と職務経歴書の他に、英文履歴書を用意しておきましょう。

英文履歴書の基本

枚数

A4用紙1枚~2枚に収める必要があります。そのためには、採用担当者に知ってもらいたい情報を経歴の中から整理することが不可欠です。どうしても職歴が長くなる場合は、別紙で要約をつけます。

形式は3種類

  • クロノロジカル・レジュメ:日本語でいう、年代式・逆年代式の記述形式。現在から過去へ遡る逆年代式が標準。サンプルをダウンロード
  • ファンクショナル・レジュメ:日本語でいう、キャリア式の記述形式。転職回数や職務詳細に触れない形式のため、求人企業から敬遠される傾向があります。サンプルをダウンロード
  • コンビネーション・レジュメ:クロノロジカル・レジュメとファンクショナル・レジュメの混合記述形式。クロノロジカル・レジュメの読みやすさと、ファンクショナル・レジュメのアピール度とを兼ね備えているとされます。サンプルをダウンロード

英文履歴書の文体

詩や小説ならいざ知らず、公式文書では、必ず長年常識とされてきた決まった文体や表現を用いる必要があります。
一度知ってしまえば難しいことはありませんが、知らなければ思いつかなかったり悩んでしまったりした挙句、結局間違ってしまうこともあります。
ぜひここで英文履歴書の文章ルールを確認しましょう。

  • the、a、anなどの冠詞は省略。ただし省略すると意味がわかりにくくなる場合は例外。
  • 主語のIは省略。
  • 人称代名詞は使わない。
  • 動詞で始める/be動詞は省略する。過去の内容については、時制に注意すること。
  • 数字はアラビア数字で表記。

英文履歴書の構成要素

英文履歴書だからといって、日本語の履歴書/職務経歴書と大きく違うところはありません。
用意されたフォーマットはないという自由性は大いに活用すべきですが、参考として一般的に書くべきとされている構成要素を挙げてみましょう。

Title つけなくてもよい。つける場合は用紙の上部中央に、RESUMEもしくはRESUME OF 名前と書く。
Pesonal Data 氏名・住所・電話番号・Eメールアドレス・生年月日・性別などの個人情報。
Objective 希望職種。ある特定の職務を決めている場合を除けば、下記のように幅のある柔軟な希望を書くのが普通。
- A Challenging position in sales which affords an opportunity for advancement based on achivement.
Proffesional Summary / Profile 職歴の要約もしくは技能と業績の要約。
Work Experience 職歴
Education 学歴
Skills / Qalifications 技能/資格。
応募職種に関係ないものは書かない。

英文履歴書を書いた後は

フォーマットも決まった、形式も決めた。書くべき内容もわかっている。準備ができたら、実際に書いてみましょう。

英文履歴書で大切なことは、簡潔であることです。応募職種に関係ない資格や職歴のアピールは、プラスに働くことは稀です。
表現も、「~された」という日本語に引きずられて受身になりがちな部分を、意識的に能動表現Action Words(別ウィンドウが開きます)を使いましょう。

できあがった英文履歴書は、必ず第三者にチェックしてもらいましょう。
誤字脱字、表現の適切さの他に、英文履歴書はフリーフォーマットであるため特に見た目の美しさも重視されています。
121転職コンサルタント陣には、Native English Speakerもおります。英文履歴書のご相談はお気軽にお申し出ください。

カバーレターとは

企業に応募する際に履歴書と一緒に提出する添え状のこと。
A4用紙1枚に応募に至った経緯や自己PRを記し最後に面接を依頼する内容を書きます。
履歴書とは異なり完全なビジネスレターの体裁で、自分を強力に売り込むための重要な書類とされています。

転職コンサルタントを通して応募する場合は、転職コンサルタントが直接求人企業に推薦コメントを伝えるのが通常ですので、これをカバーレターの代行とみなし提出を求めない外資系企業も多数あります。
求人企業にカバーレターが必要かどうかは、転職コンサルタントにご質問ください。

カバーレターのサンプルをダウンロード